【保育士資格】子育てしながら、独学&期間3ヵ月で合格できた勉強法!

この記事は、「保育士資格、受けてみようかな」と思っても、

  • 勉強なんて久しぶりだったり、
  • 家事育児でなかなか自由な時間もなかったり、
  • 要領よく勉強したいけれど、何を使ってどういうふうにしたらいいのか、参考書を見比べに本屋へ出向く時間もない

ような、「過去の私のような」あなたのために書いています。

保育士試験に独学で挑むには、

また育児中など時間がない、という方にはとくに問題集や教材選びが本当に大切です!

また、要領よく、ポイントを絞って繰り返し勉強することが必要です。

この記事では、

【育児中の期間3か月で一発合格した私】が、

あえて市販のテキストよりは少し費用がかかる通信教育をおすすめする理由と、

  • 具体的な勉強のポイント
  • 勉強の仕方
  • 復習の仕方
  • 暗記の苦手な私がやっていた暗記方法

などをご紹介していきます。

保育士試験の概要を知りたい方、自分でもとれるの?という方はこちらの記事もどうぞ!▼

目次

保育士試験の勉強のポイント

保育士試験は、1科目6割とれば合格。=(ということは、)毎年出題されている問題を確実にとればOKという事。

保育士試験は、資格試験としてある程度毎年同じくらいの平均点になるように作られています。

人数をふるいにかけて落とすための学校受験と違い、合格させる為の試験だからです。

なので、皆ができるような通常問題をきちんととれれば合格できますし、難しい問題はとれなくていいんです。

試験に合格することを目的として

  • 「100点をとる必要はない」
  • 「合格点をとればいいから、テキスト全部を覚える必要はない」

ということを念頭におきましょう。

基礎的な問題(科目ごとに理解しておかなければいけない問題)が、必ず毎年繰り返し出ているので、

過去問を5年分は解き、それがどこなのかを理解します

その時、過去の正答率が低い問題や、その年にしか出ていないような問題は対策不要です。

要領のいい勉強の仕方

過去問を解き、間違えたところの解説を読む、をひたすら繰り返しましょう。

  1. まずテキストの流し読みを始めます。平行して、できなくて当たり前、と思ってその科目の過去問をどんどん説いてみます。(保育士試験は科目によって、既にある知識や、育児経験で答えられるものもあるためです。)
  2. 正解できた問題は☓で消していき、間違えた問題の解説と、その箇所のテキスト・保育所保育指針、幼稚園教育要領をしっかりと読みます。
  3. 本番では1科目6割以上で合格なので、100点でなく、「とにかく6割取れるように」を目標に繰り返します
  4. 正解できるようになった問題は消していき、残った問題を繰り返し解きます。
  5. 過去問で6割取れるようになった科目は、一般社団法人保育士養成協議会HPに掲載されているその他の年の過去問を5年分解きます。

復習の仕方が鍵

2次試験の言語課題で「おむすびころりん」を暗記する時も、壁面に貼り、できるだけ繰り返し見るようにしていました。

定期的な復習を繰り返せば、記憶は定着する!

保育士試験の勉強で私が最初に苦労したのは、科目が多いので、新しいことを覚えているうちに、以前覚えたことをどんどん忘れてしまうことでした。

houbouのアイコン画像houbou

でもここで「私はなんて記憶力が悪いんだ〜」と投げ出さないで!

そんな私に夫が教えてくれたのが、「エビングハウスの忘却曲線」の話でした。

「エビングハウスの忘却曲線」は、ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスの発表した学説です。

エビングハウスは、人間が時間と共にどれだけ忘れるかを数値化した人です。

それを参考にすると、

人間は、勉強した後24時間以内に10分の復習をすると、記憶率は100%に戻ります。

そしてここからが素晴らしいのですが、次回の復習は1週間以内に、たった5分すれば記憶がよみがえり、

次は1か月以内に2〜4分復習すれば、また記憶は復活するのです。

【結論】24時間以内に10分、次は1週間以内に5分、次は1ヶ月以内に2分程度。(厳密でなくて全然いいですが)れくらいのペースを意識しながら復習すれば、ちゃんと記憶は定着します!

暗記が苦手な人、家事育児に忙しい人にオススメの暗記方法

暗記をするには、壁に貼る+語呂あわせを使う+聴きながら家事!

こんな記事を書いていますが、私は暗記が大の苦手です(泣)。

科目ごとの記事にも書きますが、保育士試験には、人名や食事摂取基準など、暗記が必須なものが結構あります。

そこで暗記の仕方の工夫としては、以下の3点でした。

壁に貼る

壁に貼ると、目に入る機会が自然に増えますので、キッチンから見えるところやトイレに、食事摂取基準や人名を貼っていました。オススメは、

  • 子供と遊んでいる時にも自然と目に入ってくるところ(我が家ならリビングの壁面)
  • キッチンで料理中に自然と目に入るところ(我が家はカウンターキッチンなので、向かいの壁

です。とくに子供と遊んでいる時なんか、ふと顔を上げるタイミングありますよね(笑)。そんな時にちょっと目に入るところにあるだけでも、効果絶大でしたよ!

語呂合わせ

語呂合わせも記憶させやすくするポイントでした。暗記が難しいと思ったものはネットで過去の先輩達の作った語呂を見つけにいったりしていました。覚えやすいと思った語呂は、科目ごとのページで紹介していきますね。

聴きながら家事

日中は家事育児があり、テキストを目で見られる時間は限られていたので、耳で聴くようにしていました。

テキストだけだとなかなか頭に入ってこない事でも、ラジオのように何度も流し聴きしていると、記憶に定着していくのを実感したのでオススメです。とくに主婦が勉強する場合、掃除中や料理中など「なにかをやりながら聴く」というのはとても効率的です!

おすすめは、私が最後まで物凄くお世話になった、You Tube「ほいくんの保育士チャンネル」です。

実はYou Tubeに偏見のあった私ですが笑、物凄く優良なチャンネルで、私のYou Tubeへの見方もかわりました。苦労しがちな法令のポイントだけでなく、笑えるような語呂合わせや、暗記に苦労する箇所を面白いキャラクターに変えてくれていたり、耳と頭に残るような工夫が素晴らしく、私は大変お世話になりました。

聴きながら、家事するにはワイヤレスイヤホンは必須アイテム!

主婦が勉強するのにワイヤレスイヤホンはめちゃめちゃおすすめです。

これまでスマホの音を最大にして再生すればOKと思っていましたが、家事中は料理中は火の音、掃除中は掃除機の音で全然聞こえないんです笑。ワイヤレスイヤホンがあれば、料理中も、掃除機をかけていても、子供がTVを観ていても、スマホを置いて他の部屋にいてもくっきりと耳元で聞けるのでおすすめですよ!

毎日忙しい子育て主婦におすすめの、テキストや問題集

私が使用していたユーキャンのテキストです。この大きさと薄さがちょうど良かった!

忙しい人ほど、市販のテキストより通信講座をお勧めします

私はユーキャンの保育士講座を使って合格しました!

もともと私はとくに「添削や質問をしたい」という希望はなかったので、テキストを書店で買うか、通信講座にするかにこだわりはありませんでした。

なので、最初はネットで過去の受験者の声を調べ、

  • 「とにかく過去問や法令をよく理解することが大切なので、テキストは解説のわかりやすさ、見やすさが必須」
  • 法令等の改正事項や、保育に関わる時事問題は、試験でも出題されやすい傾向にあるので、日々のニュースをこまめにチェックし、改正のポイントをしっかり押さえておくことが大切。」

という声を参考に、とりあえず市販のテキストを1冊購入してみました。

houbouのアイコン画像houbou

が、「これだけで独学」はなかなか難しいと感じました。

なぜなら市販のテキストは、

  • 文字数やページの制約があるので、法令等が抜粋や、厚い参考書の付録扱いが多く、見辛いこと
  • ページの関係か、目次や索引が丁寧でないものが多く、過去問等からわからない用語を調べるのに時間がかかること。
  • 保育士試験に関わる時事問題や、最新の法改正をチェックしたり、対策をするところまで自分で漏れなくできる自信がない

からです。

  • 試験勉強に慣れている人、
  • それだけの労力をかけられる人

になら使いこなせると思います。

でも、私のように、

  • 勉強はちょっと久しぶり
  • 仕事や家事や育児で、正直すんごく忙しい
  • でもでも、なんとか勉強して、絶対に絶対に今回合格したい!

というあなたには、通信講座をお勧めします

おすすめの通信講座

私はユーキャンの保育士講座で合格しました。

とくに「家事に育児に忙しくて時間がないよ!」っていうような方には、ユーキャンがお勧めです。

のアイコン画像

【私がユーキャンを選んだ理由】

  • 「テキストの見やすさ」と「だれでも理解できるレベル」の、丁寧な解説にネットで定評があるところ。
  • 法改正など、試験に関係しそうな最新の情報を、「自力で情報収集する手間が省け、適宜知らせてもらえることで安心して試験に臨める」というところ。

私にとって初めての国家資格試験受験でしたが、この判断は正解でした!

利用して感じたデメリット

利用して感じた唯一のデメリットはやっぱりこれです。

完全独学と比べれば、費用はかかります。

ユーキャンと市販テキストを比較した場合、簡易的な試算で約5万円の差額があります。

ユーキャンを利用した場合利用せず完全独学の場合
・一括払い:59,000円 or 
・分割払い:3,980円×15回(15ヵ月)= 総計:59,700
・一問一答2冊(上下に分かれているものが多い)約1,700円✕2冊+テキスト上下巻+一問一答約2,300✕2冊約8,000円

しかし。

ユーキャンのテキストは、長年保育士対策の経験がある会社だけあり、

  • 大切なポイントが既にかなり絞り込まれていますし、
  • 必要な法令集や直前対策の問題集も全てついてくるので、2次試験まで何も買い足す必要がなく、
  • 漏れなく要領よく勉強ができる仕組みになっているので、

一発合格できました!

その価値はあったなと思います。

利用して感じたメリット

利用して感じたメリットは以下の3つです。

丁寧な解説があり、時間がない主婦にとって効率的に勉強できる。

保育士試験に関わる法改正があった時や、その時期の時事問題を、解説&対策してフォローしてくれるので安心

2次試験まで必要なものは全て揃っており、買い足す必要がないので、安心して勉強できる。

順番に解説していきますね。

丁寧な解説があり、時間がない主婦にとって効率的に勉強できる。

例えば過去問の正解は一般社団法人保育士養成協議会のHPにも掲載されていますが、解説がない為、どうしてその回答になるのか、の理由は自分で調べなければならず、根拠の法令を調べたりするとそれに物凄く労力と時間がかかります。

ユーキャンの場合、過去問やテキスト内の問題にも全て丁寧な解説があり、テキストのもくじも充実しているので(もくじがざっくりしていて、探しにくい市販テキストは実は多いです)、時間がない主婦は学習に集中できる点でおすすめです。

保育士試験に関わる法改正があった時や、その時期の時事問題を、解説&対策してフォローしてくれるので安心。

子育て中の主婦が勉強するだけでも大変なのに、時事ニュース(とくに保育関係の法改正など)まで追うのは、

「ちょっと無理><」ですよね…。

ここが通信講座のありがたいポイントで、私は取りこぼしていないか、等の不安なく、当日も自信をもって試験に臨むことができました。

2次試験まで必要なものは全て揃っており、買い足す必要がないので、安心して勉強できる。

自分が勉強を始める前、市販テキストで勉強した方のブログをだいぶ調べましたが、

当然ですが「市販テキスト1冊でやりきった」っていう方は見当たりませんでした。やはり、法令集、問題集、前後の約5年分の過去問、一問一答、アプリなど、結局は色々買い足す必要が出てきます。忙しい子育て主婦が、どの問題集がよさそうかと毎回リサーチしたり、本屋へ行って手にとってみたりする時間を考えたら、少し費用を出しても、「最初から全て完璧に揃っていて、それだけやればいい」というのはとても効率的です。

子育て中の主婦は、家事に育児に「自分の時間なんてない!」って位、毎日本当に忙しいですよね><

その中のスキマ時間でせっかく「勉強しよう!」と決意したのなら、

費用は少しかかっても、効率的で、1発合格を狙える方法を選ぶ事をおすすめします。

ユーキャンの費用は分割払いも可能なので、

3,980円×15回(15か月)なら家計負担も少なですし、お小遣いからのやりくりもできそうですよね^^

無料で相性診断&資料請求ができます

【保育士資格】独学+期間3か月で一発合格できた勉強方法を全公開のまとめ

いかがでしたか? 保育士資格の勉強の仕方のイメージはつかめましたでしょうか? 家事をしながら、子育てしながらの勉強は大変なように思うかもしれませんが、合格した時の達成感もひとしおです。それに、きちんとポイントを絞り、方法だけ掴めば、要領よく勉強する事はできますよ。ぜひ、ユーキャンを使って、保育士資格の勉強を始めてみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

4歳の息子、1歳の娘がいるアラサーの専業主婦です。
息子が1歳の時に、独学で保育士資格を取得しました。
専業主婦になったきっかけは、子ども達と過ごす時間をずっと楽しみにしていたから。『子ども達との時間や子ども達への思いを自分の言葉で残す』ためにブログを書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる