【経験談】保育士資格を独学で挑戦する人に、よく聞かれる事10選

SNS等を見ていると、「保育士資格の勉強をしようか迷っている人」が経験者へ質問されている事は大抵決まっているようでした。この記事では、それらの疑問を解決できるよう、私の経験を簡単にまとめてみました。

とくに「子育てしながら勉強できるだろうか」という不安をお持ちの方の疑問を、解決できる記事です。

目次

保育士資格受験前の、私と子供のスペック

私は大卒で、卒業後は金融関係の会社に約9年勤務し、その後出産を機に専業主婦となりました。

小学校から大学まではエスカレーターで進学し、受験経験がなく(!)入社した年に会社で必須と言われた資格は2、3とったものの、勉強と暗記は大の苦手でした。

保育士試験は、1人目の子供(1歳4ヶ月の息子。活発、夜泣き多め;)を子育て中に、受験しました。

どのくらいの期間勉強したか

4月の保育士試験受験に向けて、その年の1月から本気を出して勉強したので、約3〜4ヶ月程度の短期集中型でした。

子育て中で忙しい&もともと勉強癖がなかったので、勉強を習慣づけるまでにもかなり時間がかかりました。

難易度はどうだったか

子供に興味があればさほど難しい内容ではないと思いますが、法令や歴史も、ユーキャンの保育士講座は解説がとてもわかりやすかったのもあり、「日本語からわからない」的なことはなかったです。

ただ暗記が苦手なので、年号や数字の暗記などは苦労しました。そんな時は、

①とにかく繰り返しやること。

②一生覚えていようと思わなくてもいい、テストまで覚えていればいいのだ(保育士として働く時には、その時自分で調べればいいのだ)

と割り切って暗記するように心がけました。

実習は受けなくていいのか?

下の記事を参照頂き、保育士試験の受験資格がある方であれば、実習は特段不要です。

教材はなにを使ったか

ユーキャンの保育士講座です。

通信にするのか、書店でテキストを購入して独学にするのか悩む方は多いと思いますが、

私は子育てや家事で忙しい方には、とくに通信をおすすめしています

通信の良いところは、

①全て纏まっている。

②法改正や、気をつけておくべき時事問題などの情報を、お知らせしてもらえる。の2点です。

①全て纏まっている、については、

全てまとまっているので、数年分の過去問や、予想問題集、法令集などを後から色々買い足す必要がない、ということです。

②については、この分野は法令がよく改正されるからです。

改正された箇所や、その年話題になった出来事(例えばいじめ問題など)は出題されやすいので、受験者はニュースもチェックしておかなければいけません。通信だと、その改正点をタイムリーにわかりやすく解説&対策してお知らせしてもらえるので、忙しい中で勉強するのであれば取りこぼしがないかなと思います。

また、ユーキャンの保育士のよかったところとして、市販のテキストはページ制約もあるので、目次があまり親切でなかったり、法令も抜粋しかなく全体像がつかみ辛かったり、末尾の付録扱いで読みにくかったりと、実際使ってみたら…という事がありました。その点、実績のある通信講座だけあって、「どんな人にも使いやすく、わかりやすいテキストと解説」になっていて、勉強する上ではとても重要だったと感じています。

無料で相性診断&資料請求はこちらから

全く基礎知識がなくても大丈夫か

私は特段教育系の免許もなく、仕事も金融業界で畑違いな職種でしたので、前知識は全くありませんでした。

ですのでそこは全然問題ないと思います。ですが、子育て経験が少し役に立つ部分はありましたよ。

育児しながらの勉強は、どんなふうに時間を作っていたか

私の場合「保育士資格に挑戦するのは子供には関係なく、私の都合だ」という思いがあり、

「子供の前ではテキストは開かない、寝た後だけ」と決めていました。なので、毎日

「今日1日を子供とどう過ごして(どう疲れさせて笑)、何時頃どこで昼寝させて、どこで勉強するのか」スケジュールを決めるようにしていました。

スケジュールを予めたてておけば、その時間までは勉強のことは考えずに子供と100%向き合って過ごせますし、

上手く寝てくれなかったとかイライラすることも少なかったように思います。

夜は、寝かしつけてから夫にお願いし、近所のカフェで勉強したりもしていました。(夜泣きしたらLINEがきて帰る、という感じ。)

1日子供と2人でいるので、1人で外に出ることで気分転換にもなり、集中できました。

育児しながらの勉強で大変だったこと

我が家は息子が生き物や電車が大好きだったので、私は普段からかなり頻繁に息子と電車で外出して、年パスを持っている動物園や水族館へ出かける日々をおくっていました。

なので「勉強しよう」と思っていても、夜には自分も眠くなってしまうのがとても大変でした。

子供と一緒に寝ると布団もあったかくて、出られなくなっちゃうんですよね^^;

また息子は夜泣きが激しいタイプだったので、夜勉強していても何度も布団に呼び戻されると、諦めそうになることもありました。

育児しながら勉強してよかったこと

知識がついて、息子の「家庭での子育て」に少し自信がついたことです。

次の、「保育士資格をとってよかったこと」に繋がりますが、いい意味で、「保育と家庭は違う」ということもわかりました。

保育士資格をとってよかったこと

知識がつき、子育てに少し自信がつきましたし、勉強の中で様々な考え方や思想にも触れたことで、「自分がどんな子育てをしたいのか」が以前よりもはっきりしました。

また、再就職する時の武器ができました。

その後保育士資格を使って働いているか

専業主婦で就業はしていません。今後子供たちがもう少し成長した時、検討する予定です。

保育士資格を独学で挑戦する人に、よく聞かれる事10選 のまとめ

いかがでしたか? 保育士試験の勉強に臨むにあたり、あなたが不安に思われていたことは解消しましたでしょうか?

他にも疑問がある方、twitterでご相談にもお答えできます!ので、よろしければご利用くださいね。

無料で相性診断&資料請求はこちらから

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

4歳の息子、1歳の娘がいるアラサーの専業主婦です。
息子が1歳の時に、独学で保育士資格を取得しました。
専業主婦になったきっかけは、子ども達と過ごす時間をずっと楽しみにしていたから。『子ども達との時間や子ども達への思いを自分の言葉で残す』ためにブログを書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる