【忍者ナインは評判通り?】体験に4歳息子と行ってきました!

4月から新年中になる息子の体操教室を探していたところ、『近所に新しく開校する』という噂を聞いて、体験に行ってきました!

体験前に口コミや評判を調べましたが、何故か口コミが非常に少なく、twitterでもほぼ『子どもはとっても楽しんでいました』的な数件しか見つからなかったので、体験の感想をもう少し具体的に記事にしようと思います!

目次

忍者ナインってどんな体操教室?

忍者ナインの運営会社

忍者ナインは、個別指導のスクールIEや英語学童のKidsDuo、小中名門受験準備塾のチャイルドアイズ等々を国内外に1700教室展開し、40年の教育実績がある、『やる気スイッチグループ』が展開している体操教室です。

忍者ナインの特徴

公式HPより引用:バトルは迫力があり、普通の体操教室とは一味違いますよね!
  • Ninja300 トップアスリートも活用するメソッド(東大名誉教授 深代千之氏監修)で誰でも必ず運動が上手になる
  • Ninjaバトル 異学年のチーム対抗戦で、社会で必要な社会性と思考力が身に付く
  • スポーツ適正ナビ 独自の分析ソフトで、子どもの得意なスポーツを見つける

上記3点を特徴として掲げて、指導、運営しています。

Ninjila300という運動プログラム

東大名誉教授・日本体育学会会長の深代千之氏監修の運動能力向上プログラムで、

野球やサッカー等18の競技の基礎となる9つの運動動作を高める運動プログラムです。(※日本体育学会=体育の教科書を作っているところです!)

9つの動作とは、走・跳・投・捕・打・蹴・組・リズム・バランスで、忍者ナインの9はここに由来しています。

例えば『投げる』に特化しても、35のカリュキュラムがあり、それを子ども達の状態にあわせて駆使しながら、動作をものにしていきます。

Ninjaバトル

あえて異年齢の集団を作って対抗戦を行うプログラムです。

インストラクターが教えるのはルールのみで、子ども達だけでの作戦タイムがあり、子ども達は実社会で必要な社会性(リーダーシップやチームの中の役割)をゲームを通して習得します。

実際体験に行って話を聞いたインストラクターの話では、

まとめ役になる側は、(ほぼ小学生など上位年齢層)

  • どうやったらチームで勝てるのか
  • どうやったらメンバーの意思を統一できるのか
  • 年下の者にはどんな声掛けが有効なのか

を自ら考え、工夫しながら実行する事で学んでいき、

指示を受ける側は、(ほぼ幼稚園生など低年齢層)

  • 自分のやりたい事と、集団の中で自分がやるべき事が違うこと、
  • 役割を行うことで、メンバーの中での達成感、
  • 自分より年上の者の姿を見て、周りへの声のかけ方

等を主に学んでいるようです、との事でした。

こちらは他の体操教室ではあまり聞いたことのない、特徴的ばプログラムですよね!

スポーツ適正ナビ

簡単に言えば、子どもの体力測定プログラムのようなもので、現在の到達度が60段階で見え、そこから現在の状態ではどんなスポーツが向いているのかを、18の競技から診断してくれるものです。

インストラクターの話では、『幼年期にどのスポーツをやらせるのか決めてしまって、早くからそれ1本、でいくよりも、まずは9つの動作を伸ばしてみて、後にその子の得意とする動作がとくに生かされるスポーツを選んだ方が、本人の自信にもなっていく』とのことで、説得力がありました。

忍者ナインの体験レッスンの申込手順

STEP
忍者ナインのHPに記載の代表番号に電話をかけます。(※PCなら右上、スマホからなら1番下までスクロール)

①体験希望であること②希望する教室を伝え、教室からの折り返し連絡を待ちます。

スマホからご覧の方は↓をクリックして、右上の電話番号をコピー&ペーストで発信できます。

STEP
教室から電話があるので、日程の打ち合わせをします。

忍者ナインの教室は、北海道から沖縄まで全国32都道府県にある

最寄の忍者ナインの教室を探したい方は、こちらから公式HPの教室検索画面へ飛ぶことができます。

忍者ナインの開催曜日と時間は教室によって異なります

忍者ナインはそれぞれの教室がテナントを借りて運営している関係もあり、教室によって曜日や時間が異なります。

  • 土曜日しか開催していない教室
  • 平日のみしか開催していない教室

もありますので、体験申込み前に確認が必要です。

忍者ナインの体験で必要な持ち物

忍者ナインの体験の際に、指示された持ち物は以下でした。

  • 飲み物
  • 動きやすい服装
  • マスク
  • 上履き

皆、教室に着いた時に着ていた服のまま体験に参加していましたので、我が家は羽織りものの中に半袖を着ておき正解でした。参加中は半袖長ズボンで、他のお子さんも似たような服装の方が多かったです。

忍者ナインの体験レッスン内容

当日は撮影OKで、皆子ども達の様子を動画等でおさめていました。
houbouのアイコン画像houbou

息子は初めての場所、知らない先生お友達に緊張した様子で、最初ガチガチに固かったですが(笑)、先生とお友達の明るい雰囲気にだんだん打ち解けていき、とても楽しんでいました!

レッスンでは、子どもにも伝わりやすい説明と、すぐ答えを教えるのではなく、子どもに自分で考えさせようとしている姿勢を感じました。体験では、走る、投げる、の動作に因んだレッスンでした。

『走る』では、

インストラクターが、駆けっこのポイントを、「床が100度で熱くて熱くてしょうがない場所だと想像してみて。そうするとどうなる?走る時は足がアチアチアチッてなるよね!(自然に腿が高く上がる)やってみよう!」という感じで説明していました。子ども達はキャッキャ言いながら、非常に楽しそうに壁の端から端まで交代で駆けっこしていましたが、自然に足が高く上がるような走り方になっていて、「なるほど、子どもにわかりやすいな」と感心しました。

『物を投げる』では、

↓まず最初は好きなようにボールを投げさせ、下から投げる子、横から投げる子様々。

↓次に写真のロケットを渡され、それを「遠くに飛ばしてみよう!」と皆で飛ばす。

↓次に、バトミントンネットを張り、『上を通過するよう投げてみよう』とレベルアップしていきます。

そうすると段々、最初のやり方ではネットを通過しなかった子達が試行錯誤を始めます。暫くしてから、インストラクターから、『肘をできるだけ高くあげることがポイントである』と説明があり、実際に試してみると、成功する子が出てきます。

この、本人に試行錯誤をさせる過程を大切にしているのだな、というのがよく伝わってきました。

忍者ナインを体験してみて良いと感じたところ

  1. 子どもに伝わりやすいメソッドと、姿勢、教室の雰囲気
  2. サポート人員の充実

①について

できない子が「嫌だ」と思うような雰囲気がないことが、とてもよいなと感じました。

上の章で書いた通り、メソッドもわかりやすいので、子ども達も難しい顔をすることなく、皆元気に試行錯誤していました。幼児クラスだったからかもしれませんが、できる子、できていない子がピックアップされる事もなく、『とにかくまずは体を動かすことを楽しんで好きになってもらおう、楽しもう!』というのが伝わってきました。

②について

多少、多動や発達障害の可能性があるのかな、というようなお子さんがいても、メインのインストラクターの他に、サポートの人員が2~3人いて、上手くサポートしていました。

メインのインストラクターとサポート人員の先生が明るく声をかけあって、少し遅れて到着した子や、違う場所へ行ってしまう子を楽しい雰囲気のまま誘導して、そつなくレッスンを進行する雰囲気は、好感が持てました。

忍者ナインを体験してみて悪いと感じたところ

体育館のような場所をイメージしていたので、部屋が少し狭いかなと感じました。

忍者ナインはテナントを借りて運営しているお教室が多いようなので、口コミを見ても同じ感想を持った方がいらっしゃるようです。

しかしながら、子ども達の年齢、体の大きさ、人数、ボール拾いの手間などを考えると、あまり広い必要もないのかもしれません。現に体験に行った際も、子ども達がそれでぶつかってしまったりする姿は見られませんでした。

忍者ナインの入会金、月謝、ユニフォーム(忍ジャージ)とリュックの代金、対象年齢は?

忍者ナインといえば、あの独特な忍者のユニフォーム(忍ジャージ)ですよね!

毎月の月謝と、それ以外に入会に際して必要な金額を纏めました。

入会金

入会金、という名目はないものの、入会に必要なものが写真の通り、プリントにて配布されました。それを纏めると、入会に際して必要な金額は、以下の通りです。

名称金額
スポーツ保険1年分¥1,000
スポーツウェア上(サイズによって値段が変わる)¥3,828~6,072
スポーツウェア下(サイズによって値段が変わる)¥3,168~¥4,808
指定バック¥3,520
適正ナビ診断料¥1,650
やる気スイッチプレミアムクラブ
(会員制WEBサービス)
¥220
合計約¥13,380~
¥17,270
※別途登録料は月割りの為、月謝欄に記載
houbouのアイコン画像houbou

合算すると、ジャージにリュック、結構するんだね…。

月謝

コース名時間金額(税込)
入門コース(対象:年少)50分バトル無
¥5,600/月
中忍コース(対象:年中~年長)80分バトル有
¥8,800/月
上忍コース(対象:小学1年~3年)80分バトル有
¥8,800/月
別途登録料が、¥330/月

※体験当日に配布された資料を転記していますが、お教室によって多少の差異があるかもしれません。正確にはお教室までご確認ください。

対象年齢

忍者ナインとしては、年少の入門コースからコースを設けているようですが、私が参加した教室は、中忍コースからのみで、入門コースは実施していませんでした。

口コミを調べると、これも教室によって異なるようです。体験を申し込む際は、その教室で希望しているコースが開催されているか確認してからにしましょう。

忍者ナインの休会、退会について

忍者ナインを休会、もしくはやめたくて退会をする場合は、忍者ナイン事務局へ前々月末日までに休会の申し出をすることとなっています。

  • 2月中に休会の申し出をした場合、4月の休会ができます。
  • 2月中に退会の申し出をした場合、3月いっぱいまでの在籍となり、4/1より退会となります。

休会中はお月謝はかかりません。

※こちらは体験当日に配布された資料を転記していますが、お教室によって多少の差異があるかもしれません。正確にはお教室までご確認ください。

忍者ナインの体験は評判通り、とても楽しかったようです。

忍者ナインの体験は、口コミ通り息子はとても楽しかったようです。

我が家は希望の曜日が人気で空き待ちのため、入会は一旦見送りましたが、バトルなど、なかなか他にはない特徴的な体操教室で、お友達にも教えたくなりました!お近くに開校の際は是非1度体験に足を運ばれてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

4歳の息子、1歳の娘がいるアラサーの専業主婦です。
息子が1歳の時に、独学で保育士資格を取得しました。
専業主婦になったきっかけは、子ども達と過ごす時間をずっと楽しみにしていたから。『子ども達との時間や子ども達への思いを自分の言葉で残す』ためにブログを書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる