☞12/1「恐竜キッズへのプレゼントを探す」を更新しました☜

【古生物学者ってどんな仕事?】「化石ハンター展~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」


2022年7月16日(土)~10月10日(月祝)まで、ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」が、上野の国立科学博物館にて開催されます。

@探究舎では、開催前から

  • 会場へのアクセスや、
  • チケットの状況
  • 開催までは公開情報とその解説
  • 事前に読んでおくとおススメの書籍(おすすめ!)
  • クチコミ
  • 混雑状況
  • 感染対策の様子

などを中心に、イベントをレポートしていきます。

筆者が開幕前日の報道内覧会へ行かせて頂きましたので、速報も追加掲載していきます!(7/15)

管理人

ちなみに当サイトでは全国の恐竜イベントや、全国の恐竜に会えるホテルの特集も掲載しております。是非あわせてご覧ください!

目次

「化石ハンター展」とは?

「化石ハンター」とは

探究心に富み、抜群の行動力で貴重な化石を発掘・研究する挑戦者のことです。

今回の特別展では、20世紀前半にゴビ砂漠を探検し、化石発掘を行ったロイ・チャップマン・アンドリュースや、彼をはじめとする化石ハンターに注目。この100 年の間に中央アジアで発見された最新の研究成果について、恐竜や史上最大の大型哺乳類などの標本を含めた貴重な資料を通して紹介します。

今回の特別展の「キーマン」ロイ・チャップマン・アンドリュースってどんな人?

アンドリュースは、アメリカ合衆国の探検家で博物学者です。

20世紀初頭にゴビ砂漠やモンゴルなど中国への探検で主導的な役割を果たし、アメリカ自然史博物館の館長も務めた人です。この探検により、初めて恐竜の卵の化石が発見され、博物館に展示されました。

探検の中では、クジラやサメ、ニシキヘビ、オオカミ、盗賊や中国兵に襲われるなど、危機一髪の状況に何度も遭遇し切り抜けてきことが今も多く伝えられており、インディアナ・ジョーンズのモデルの一人と言われています。引用:ロイ・チャップマン・アンドリュース – Wikipedia

ポスターはモンゴルオレンジ(ゴビ砂漠)と、チベットブルー(チベット氷河時代)を意味していますよ!

見どころ①アンドリュースがゴビ砂漠で発見した恐竜や哺乳類たち

著名な化石ハンター、ロイ・チャップマン・アンドリュースのゴビ砂漠での探検をたどり、彼がゴビ砂漠で発見した恐竜や哺乳類の研究成果を、標本や映像とともに紹介します。

  • 恐竜の卵化石や
  • 史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」
  • 史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」などの標本(複製)を展示します。

史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」。人間と比較すると大きさはこーんなに大きいんですよ!

Steveoc 86 – 投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=68439605による

見どころ②アンドリュースに影響を受けた古生物学者たちの研究「アウト・オブ・チベット」説

アンドリュースに大きな影響を受けた古生物学者たちの研究により明らかになった、氷河時代における哺乳類の進化に関する「アウト・オブ・チベット」説についても紹介します。

隕石衝突によって恐竜たちが絶滅したあとの時代、「新生代」が
その舞台です。

新生代とは、恐竜たちが絶滅したあとの時代。

引用:colorata.com/fs/colorata/figurebox_ex2

「アウト・オブ・チベット」説とは…?

チベットケサイや、チベットユキヒョウ、プロトオービスなどの哺乳類が、北極圏よりも先に寒冷環境となったチベット高原でその気候に適応し、氷河時代に各地に放散したとする説です。

今回はその説を導き出す証拠となった「チベットケサイ」の全身骨格復元標本を世界初公開します。(※本写真の骨格は製作段階のもので完成版とは形状が異なります。)

チベットケサイ 生体復元モデル 国立科学博物館蔵

見どころ③「古生物学者」の仕事の紹介と、次代の化石ハンターを目指す子どもたちへのメッセージ

本展の監修者、木村由莉先生の日ごろの活動「研究者になろうと思ったきっかけ」などを紹介。

また、次代の化石ハンターを目指す子どもたちに向けて、先輩化石ハンター達からのメッセージが掲載されるとのこと! 

近年の日本人研究者の活躍もあり、「大人になったら恐竜や古生物の研究をする人になりたい」という夢をもったお子さんもいらっしゃるでしょう。これは楽しみですね!

速報!「化石ハンター展」オリジナルグッズ。モルカーも!

筆者が開幕前日の報道内覧会へ行かせて頂きましたので、速報を掲載します!

化石ハンター展 オリジナルグッズ

twitterでも開催前から話題になってますが、モルモットが車になった世界を描く、癒し系の人気パペットアニメ「PUIPUIモルカー」と化石ハンター展の特別コラボ。

その他にももふもふで可愛い「チベットケサイ」の親子ぬいぐるみ、

定番のステーショナリーや、お土産にぴったりの「骨ラーメン」「ご地層バウム」など、揃っていますよ!

受注生産のチベットケサイ寝袋も実物がありました!欲しい!(笑)

会場、アクセスについて

会場国立科学博物館
アクセスJR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分

入場には、「チケット購入」と「科博の日時指定予約」が必要。

入場には、チケット購入と、科博の公式サイトからオンライン日時指定予約が必要です。

チケットの値段はこちら

一般・大学生2,000円
小・中・高校生600円

日時指定予約とチケット購入の流れはこちら

チケットの発売は7月1日㈮午前10時~。日時指定予約は7月上旬開始予定。詳しくはコチラをご確認ください。

購入フロー図

引用:kaseki.exhn.jp/ticket/

事前に読んでおくとおススメの書籍3冊

今回の特別展の指揮をとった女性古生物学者「木村由莉先生」のことがわかる1冊

楽天ブックス
¥1,870 (2022/06/29 23:59時点 | 楽天市場調べ)

小林快次先生(北海道大学総合博物館)推薦!!
「恐竜少女が世界的な哺乳類化石研究者に大進化! 痛快な成長ストーリーを体験できる本。必読!!」
映画『ジュラシック・パーク』と伝説の恐竜ハンター、ロイ・チャップマン・アンドリュースに憧れて、「恐竜博士」になると心に決めた女の子が、挫折と奮起を繰り返しながら、小さな動物化石の研究者になるまでを綴った、笑って泣けて元気になれるサクセス(途中)ストーリー!(引用:Amazonレビュー)

本特別展にあわせて出版される2冊

お子さんにおすすめなのはこちら!

きょうりゅうのたまごをさがせ 改訂版

¥1,650 (2022/06/30 00:03時点 | Amazon調べ)

本特別展の指揮をとった木村由莉先生の監修。木村先生ご自身が子供のころ読み「古生物学者への憧れを強くしたきっかけの本」と紹介されていました。新装改訂版が、特別展にあわせて出版されます。

「化石の復元、承ります。 古生物復元師たちのおしごと」 [ 木村 由莉 ]

楽天ブックス
¥2,200 (2022/06/30 00:01時点 | 楽天市場調べ)

本展の目玉展示に抜擢された、新種の絶滅大型獣チベットケサイの復元現場に潜入!
今はもうこの地球上に存在しない、絶滅してしまった太古の動物。誰も見たことがないその姿を、復元のプロはどのように蘇らせているのか。化石動物の復元に挑む職人たちの仕事に、骨格レプリカ、生体模型、3Dデジタル復元、展示づくりの現場から迫った、「古生物復元」ドキュメントブック

「化石ハンター展」のクチコミ

情報がまだ多くない中ですが、SNSでも沢山の方が開催を楽しみにされている様子が伝わってきます!開催後のクチコミはまた更新していきます。

7/16開幕「化石ハンター展」のまとめ

7/16開幕の「化石ハンター展」のチケット状況や口コミ についてまとめてきました。開催が待ち遠しいですね!さらに情報が更新され次第、こちらのページでも追いかけていきたいと思います!!

開催期間2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)
会場国立科学博物館
アクセスJR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる