9/16「ディノアライブ」のチケットを3枚購入くださったお客様、楽しい1日となりますように^^

恐竜に会えるホテル 北陸エリア(石川県、福井県)

自粛期間も、昨年から、だいぶ時間がたちましたね。

遠出はし辛いこのご時世…なので!

こちらでは、

『遠出ができなくとも、近場で何か楽しい計画を立てたい』方の為に

私が夜な夜な手動で探してきた、

『北陸エリアの恐竜に会えるホテル』を『○選』ではなく、あえて『全部』載せました

  • お子さんも大喜び間違いなしの恐竜ルームがあるホテルから、
  • 期間限定の恐竜イベントを行っているホテル
  • 恐竜ロボットを使った、非接触型のホテルなど、各地に沢山あります。

また、

  • ホテルから行ける距離の、恐竜常設の博物館と観光地
  • 近くで開催される恐竜イベントも調べて、

併せて掲載しました!

『遠出できなくとも、近場で何か楽しい計画を立てたい』とお考えの皆さんへ。お役に立ちますように!

※『ここ載ってないよ』という情報があれば是非コメント欄やtwitterで教えて頂けると嬉しいです!

※感染対策により、食事のサービスやレストランの利用など、通常とは異なる営業となっているホテルが多くなっています。ご予約前に各自で確認いただけますよう、お願いいたします。

目次

変なホテル金沢香林坊(石川県金沢市)★白山恐竜パーク白峰まで車で約1時間!

世界初のロボットが働くホテルとしてギネス認定されたホテルです。

恐竜ロボットがお出迎え、加賀友禅を模したプロジェクションマッピングによるロビー演出、水引のデザインを取り入れたレストランなど、石川県の伝統を取り入れた空間が魅力的です。

金沢観光の中心に位置し、白山恐竜パーク白峰(石川県白山市)までも車で約1時間です

1泊目は近隣を散策+近江町市場で美味しい金沢の海の幸や海鮮丼を食べて、

2日目は足を延ばして白山恐竜パーク白峰で1日遊び倒す、なんていうのもいいですね!

住所〒920-0961石川県金沢市香林坊1-2-32
アクセスJR金沢駅東口バスターミナル 8・9番乗り場よりバスで約10分、「香林坊」で下車、バスを降りて徒歩2分。
※詳細は公式HPをご確認ください
駐車場無し
近隣の観光金沢21世紀美術館まで徒歩9分
金沢兼六園まで徒歩12分
近江町市場まで徒歩13分
ひがし茶屋街まで車で8分
白山恐竜パーク白峰(石川県白山市)まで車で約1時間

\ホテルのクチコミ、お得なプランをチェック/

勝山ニューホテル 恐竜ルーム(福井県勝山市)★福井県立恐竜博物館まで車で約5分!

勝山の自然に包まれた大浴場付シティホテル。
恐竜博物館へ車で5分と抜群の観光アクセスを誇ります。

こちらには恐竜と一夜を過ごすイメージを施した恐竜尽くしのお部屋、「恐竜ルーム」があります。

お子様ならずとも、ロフトや寝袋で泊まるのはちょっとワクワク。
恐竜の里勝山で、非日常のアドベンチャーをお楽しみください。

えちぜん鉄道勝山駅より、宿泊者専用の無料送迎バスが運行しています。

住所〒911-0811福井県勝山市片瀬2-114
アクセスえちぜん鉄道 勝山駅より車にて約10分/中部縦貫自動車道 勝山ICから約10分/恐竜博物館までお車で約5分
駐車場あり
近隣の観光福井県立恐竜博物館へ車で5分
白山平泉寺へ車で10分
スキージャム勝山へ車で15分

\ホテルのクチコミ、お得なプランをチェック/

リバージュあけぼの 恐竜ルーム(福井県福井市)★福井県立恐竜博物館まで車で約50分

こちらも恐竜王国・福井ならではの、恐竜をモチーフにしたお部屋です。

壁に飾られたインパクトのある恐竜のシルエットをはじめ、フィギュアや絵本、おもちゃなど、お子様が喜ぶ恐竜グッズが満載の、家族連れに大人気のお部屋。テーブルに置かれた恐竜の卵の中には、素敵なプレゼントが入っているかも…!?

住所〒910-0006 福井県福井市中央3-10-12
アクセス福井駅から徒歩で約10分/福井駅から車で約5分(迎車サービス有 ※要予約)/福井ICから車で約10分
駐車場あり
近隣の観光福井県立恐竜博物館 まで車で約50分
みそ楽まで 徒歩13分
芝政ワールドまで 車で45分
越前松島水族館まで 車で45分
スキージャム勝山 車で約20分

\ホテルのクチコミ、お得なプランをチェック/

恐竜に会えるホテル 北陸エリア(石川県、福井県)のまとめ

いかがでしたか?

気になる宿泊先は見つかりましたでしょうか。

外出し辛いこの頃ですが、感染対策にはしっかり気を付けながら、恐竜との思い出が沢山作れますように!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このサイトは、
恐竜を愛する4歳息子の為に色々調べているうちに、
「なんで鉄道には子供向け月刊誌があるのに、恐竜のはないんだろう」と思い、
「なんで鉄道イベントのまとめサイトは沢山あるのに、恐竜イベントのまとめサイトはないんだろう」と思ったので、
作れる方を自分で作ることにしました。
恐竜を愛する全ての方に、お役に立つブログとなりますように。

目次
閉じる