5/21恐竜に会える公園・テーマパーク【九州エリア】を掲載しました!

【初日レポ】恐竜ラボ! ディノ・サバイバル観てきました!

管理人

こちらの記事は、関西在住2児を子育て中のママライターさんにお願いし、管理人にて編集を行った現地からのレポです!

「恐竜ラボ!」のCMがテレビに流れるたびに恐竜大好きな息子が「これなに!? 行きたい!」と言うので、「恐竜ラボ! ディノ・サバイバル DINO-A-LIVE」のNHKホール初日(2022/1/8)を見に行ってきました!

>恐竜ラボ!の事前情報はこちらか

過去のディノアライブのイベントの様子(動画あり)を知りたい方はこちら

>2022年春、関東で開幕するディノアライブ「ディノサファリ」についてはこちらから

本記事ではその公演の詳細をレポートしていきます♩

参戦した我が家の息子たち

  • 恐竜大好き4歳9ヶ月の怖がりお兄ちゃん
  • 0歳6ヶ月の弟

どんな席を購入したのか、恐竜を見た子供たちの反応などを事細かにレポートしますので、お子様の状況と照らし合わせて、参考にしていただけると幸いです。

この記事のまとめ

  • 座席は必ず子供と相談すべし(怖がりのお子さんは、S席が安心)
  • 公演中は写真撮影OKなので思い出に残る!
  • 感染症対策はされているが、席は満席(座席の間隔はなし)
  • 4歳息子はクイズに答えたり、出てくる恐竜に驚いたり、十分に楽しんでいた!
  • 0歳息子は大きい音に驚いて泣いたりしたが、会場はざわざわしているため安心◎
目次

恐竜ラボ!ディノサバイバルの公演内容は?

2021/12〜2022/5、西日本各地でエデュテインメントショー「恐竜ラボ!」が開催されます。

恐竜ラボ!ディノサバイバル
  • 大人も子供も学んで楽しめるエデュテイメントショー
  • 恐竜の特徴や謎を学術的な根拠や映像をもとにわかりやすく解説
  • リアルな恐竜たちが動く・叫ぶ・咬みつく

「ただ面白い」だけでなく、恐竜について深く学ぶことができるので、お子様の恐竜好きを好きだけで終わらせない工夫が◎

また、DINO-A-LIVEは、恐竜型メカニカルスーツ「DINO TECHNE(ディノテクニ)」と独自の演出手法によって、あたかも恐竜が生きて実在するような世界観を体験できるリアル恐竜体験プロジェクト

そんな恐竜たちは海外で作られたものなのかと思いきや、日本の「ON-ART」というものづくりの会社で制作されています。

動きや顔の表情まで、とってもリアルな恐竜に出会うことができますよ!

今までのディノアライブ公演との違いは?

DINO-A-LIVE(ディノアライブ)は日本全国各地で行われていますが、本公演の「ディノサバイバル」の他に、直近だと

などのイベントも開催されています。

ディノアライブのリアルな恐竜が出てくる演出は同じですが、公演ごとにストーリーが異なっており、どの公演も楽しめること間違いなしです!

座席からの見え方と、おすすめの座席

おすすめの座席

  • 恐竜が怖くないお子様、大人だけの場合:P席がおすすめ
  • 小さいお子様やリアルな恐竜が怖いお子様:A・S席がおすすめ

恐竜ラボ!の座席の種類は以下の通りです。(NHKホールの場合)

ダイナミックシート
ダイナミックシート
NHKホールS席
S席
A席
A席
  • S席:3,900円
  • A席:2,900円
  • ダイナミックシート(前方7列目以内確約・オリジナルグッズ付き):5,900円

また、公式に記載の下記の通り、ダイナミックシートは距離が近いのがメリットですが、近すぎるがゆえにお子様が怖がってしまう可能性もあります。

ダイナミックシートは恐竜との距離がとても近く、迫力の舞台を体感頂けます。小さなお子様は泣き出してしまう可能性がございますので、ご購入の際はお子様とご相談頂く事を推奨しております。

ytbイベント情報より引用

我が家は4歳9ヶ月と0歳6ヶ月の子で見に行ったので、近すぎる席はお兄ちゃんも赤ちゃんも泣いてしまう恐れがあることから、「S席」を選択しました。

ママ

4歳息子曰く、「草食恐竜は近くても怖くないけど、肉食恐竜は怖い」そう。笑

ダイナミックシート(会場によりP席)はかなり近く感じると思いますので、怖がりなお子様などは本人と相談してから購入されることをおすすめします。

ただ、関東で開催されていたディノアライブタイムダイバーのように、「しっぽが触れるくらい近づいてくる」「恐竜が舞台から降りてくる」ような演出は、現在のところはないようです・・・!(毎回会場が変わるので難しいですよね!)

ですが、恐竜たちのまばたきや、表情、咆哮の様子は、やはり近くで見るのが迫力抜群!

リアルな恐竜が怖くないお子様や大人の方だけでいく場合は、間違いなくダイナミックシート(P席)がおすすめです!


恐竜ラボに実際に参戦!NHKホールのS席はこんなところ

我が家が購入した席は「S席」×3席(0歳は必要ないため)です。

NHKホールS席
S席から見た写真

ダイナミックシートは7列目までが確約されているシートでかなり近くで恐竜を見ることができそうでしたが、「S席」は全体を俯瞰してみることができてちょうど良かったです。

また0歳の赤ちゃんが音が大きすぎると泣いてしまったりしていたので、近すぎるともっと音が大きくなることからも、S席を選んで正解でした。

気になる特典グッズは・・・?

検索されている方が多かったので(事前に知りたいですよね!)
ホウボウが執念でクチコミ、SNSを検索してみたところでは・・・!

どうやら特典グッズは、「恐竜のキーホルダー」のようです。(実際に行かれた方の投稿。4枚目の投稿に写真あり)

まだ情報が少なく、デザインが複数あるのか?選べるのか?などまでは掴めておりません…!

よろしければ観に行かれた方、是非管理人のtwitterへ情報をお寄せ下さいませ!

恐竜ラボ当日の様子をチラ見せ

写真・動画撮影OK

ディノサバイバルは撮影OKなので、当日の様子を少しだけチラ見せします!

観劇は1時間で途中休憩はないのであらかじめお手洗いなどを済ませておく必要があります。

恐竜ラボ!ディノサバイバルのストーリー

恐竜ラボの名の通り、恐竜を研究しているラボが今回の舞台となります。

恐竜ラボではリアルな恐竜を出現させる技術があり、主人公の恐竜好きの子どもとともに、恐竜について学んでいくストーリーです。

ジュラ紀からは“ステゴサウルス“と”アロサウルス“、白亜紀から“ティラノサウルス“と”トリケラトプス“と、 2つの時代に生息していた代表的な恐竜がステージに出現します。

本公演は動画撮影OKでしたので、リアルな恐竜が出現した様子を少しだけお見せします!

ママ

とってもリアルで本当に生きているみたいやったよ!!息子も大興奮!!

対象年齢は?大人も楽しめる?

演者さんたちは子供に話すような話し振りをするので、ショー自体は子供向けに作られているようです。

しかし、リアルな恐竜を間近で観察しながら、「この恐竜の尻尾のトゲはどうしてこうなの?」など詳しく教えてくれるので、大人でも「へ〜!」と思うことが多かったです。

4歳息子は途中で行われるクイズもしっかり答えていましたし、ストーリー自体難しすぎることもなくとっても楽しんでいました。周りの見に来ている子も3〜6歳くらいの子供が多かった印象です。

0歳息子は大きい音にびっくりして泣いてしまったりしましたが、会場は終始ざわざわしているのでそこまで神経質になる必要もなく安心しました。

お土産、グッズ売り場は思ったより小さめ

グッズ売り場は思ったより小さめで、種類もそんなに多くない印象でした。

\販売されていたグッズ一覧/

恐竜グッズ一覧
恐竜グッズ一覧

よくあるシュライヒなどのフィギュアも置いておらず、ぬいぐるみ・キーホルダー・バッグのみでした。

また、ディノサバイバルの公式グッズなども特にありませんでした。

恐竜グッズ
恐竜グッズ
恐竜グッズ
恐竜グッズ

開演15分前・閉演15分後にグッズ売り場に行きましたが、列になっていました。(レジは3つくらいあったのでそんなに時間はかからないかもしれませんが)

開演15分前のグッズ売り場の列

閉演後の方がかなり混雑していたので、グッズを購入予定の方は開演前に購入されることをおすすめします。(先に買い与えていた方がおとなしくショーを見てくれる可能性が高いのもあります笑)

恐竜ラボの感染予防対策は?

恐竜ラボの感染症予防対策は以下の通りでした。

  • 入り口付近で体温を測る
  • 手指消毒も必要
  • チケットの半券に「名前・電話番号」を記入する必要がある

チケットの半券に記入する場所はありますが、混雑する恐れがあるのでおうちで記入していけると◎(家族みんな同じ名前・同じ電話番号を記入しました)

体温を測る
消毒
半券に名前・電話番号を記入するところ
半券に記入するように記載

感染症対策はされているようでしたが、観劇する座席は隣との距離もくっついており、満席の状態でした。

席の間隔は空いていない

帰宅する際は退場規制がかかっており、ブロックごとに退場を案内されます。

恐竜ラボのSNSでのクチコミは?

実際に参加した方の口コミをSNSで探しましたのでご紹介します。

  • 恐竜好きのお子様におすすめ
  • 公演時間は1時間でちょうどいい
  • 大人も楽しめる
  • 俳優さんが有名な方

恐竜ラボ!は恐竜好きのお子様におすすめ

恐竜ラボ!は公演時間もちょうどいいから小さいお子様連れも安心

恐竜ラボ!は大人も楽しめる

恐竜ラボ!の俳優さんは仮面ライダー?!

恐竜ラボのチケット状況は?

2021年12月ごろチケットが発売された際、「抽選」の表記があったので急いで申し込みました。

その結果、見事第一希望だった初日の1回目の公演(S席)に当選することができました。

抽選ということもあり全席埋まってしまっているのかなとその後チケットの動向を見ていると、大阪公演開催1週間前には朝イチの公演(10:30~)は3日間とも埋まっている状況でした。公演前日に確認すると、当日引換券は残りわずかでしたが在庫がありました。

やはり、お子様と見に行かれるかたが多いので朝イチの公演は人気なようですが、当日引換券など在庫がある場合もありますので1度確認してみるのがおすすめです。

→大阪公演のチケット在庫を確認する

なお、大阪公演は8〜10日の3日間で終了しますが、今後関西圏ですと、神戸・姫路・堺でも同様のショーが行われますのでお近くの方はぜひ行かれてみてください♩

【大阪】2022年1月8日(土)~10日(月祝) 10:30/13:30/16:30
【神戸】2022年3月5日(土)・6日(日) 10:30/13:30/16:30
【姫路】2022年3月12日(土) 10:30/13:30/16:30
【 堺 】2022年4月30日(土) 10:30/13:30/16:30

\それ以外の開催地域も、こちらから確認できますよ/

まとめ:恐竜ラボ!は大人も子供も楽しめるショーでした

恐竜ラボ!ディノサバイバル

恐竜ラボ!は、ただリアルな恐竜が戦ったりするだけでなく、演者さんが恐竜の近くで観察して「尻尾のトゲはなんのためにあるのか」など恐竜について詳しく教えてくれるショーでした。

恐竜好きのお子様なら間違いなく楽しめるイベントかと思います♩

この記事のまとめ

  • 座席は子供と相談すべし(怖がりのお子さんは、S席が無難)
  • ショーは写真撮影OKで思い出に残る!
  • 感染症対策はされているが席は満席(間なし)
  • 4歳息子はクイズに答えたり、出てくる恐竜に驚いたり、十分に楽しんでいた!
  • 0歳息子は大きい音に驚いて泣いたりしたが、会場はざわざわしているため安心◎

希望のお日にちがもし埋まっていても3日前くらいから販売される当日引換券なら在庫がある場合もありますので、ぜひ1度探してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる